社長ダイエット for Buissiness

社長は時間がない。社長は会食が多い。社長は誘惑が多い。とかくビジネスマンは太りやすい。そんな方に向けたダイエットブログです

加藤秀視さんの講演会

1月15日に開催があった加藤秀視さんの講演会にいった。その学びみたいなものを備忘録として残したい。

 

講演は一言でいうと「ポジティブ思考」になれというもの。

f:id:kazumax78:20190116151909j:plain

90分ほどあった講演会ですが、乱暴ながら簡単にいうと、

「人生をつくっているのは思い込みである。」
「だからこそ、よい思い込みを自らに課せ。」

というポジティブ思考の話になる。この話は、いかなる自己啓発書でも同じようなことが書かれているんですよ。僕もたくさん、そういうの読んできた。

いろんな自己啓発でも同じことを云うてます

f:id:kazumax78:20190116151351j:plain

中村天風「成功の実現」
ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」
③スティーブン・コビー「7つの習慣
西田文郎「ナンバーワン理論」

など、あげてくとキリがないんだよね。でもま、それを上手くわかりやすく、共感を形成しながら、スピーチできるかどうか、が成功の分かれ目なんでしょう。

 

加藤さんの講演会は、そういう意味で、新しい視線での発見は無かったけれども、彼の語り部としての技術については、たくさん盗みたい部分が多かった。

 

スライドの作り方、虫食い式にして、観客に考えさせるテク。

f:id:kazumax78:20190116151500j:plain

こういう感じね。「一言でいうと何だと思います?」って聞くことで、相手の頭の中がフル回転するわけですね。そして、その後に「答え合わせです」っていって、虫食いを埋める。脳内で考えてた言葉と、おなじだったら、「ほら!やっぱり!」と大きく共感してしまって、相手の言うことがドンドン入ってくる。

間違ってても、みんな自分の考えがあってると思いたいもんだから、相手の言葉を拡大解釈して自己納得するんだ。このテクニックはいろいろ使えるね。伝えたい内容をすごくシンプルにして、わかりやすくできるし、説得力も増す。いいもんだわ。

 

質問を投げかけて、隣の人と話してもらう

f:id:kazumax78:20190116152248j:plain

これもよくあるテクだよね。ただ聞いてるだけだと、入ってこないけど、隣の人と話すことで、自分は意思を持って学びに来てるんだと、自己洗脳することができる。それに、隣にいる人も同じような悩みをもってるな、とか仲間感も生まれてきて、感動を共感できるっていうかね。そういう変化もあるよね。

いざ、自分が参加すると、改めてあるあるってことを感じるよね。いい勉強ができたわ。